【社員Topic】アプリ開発「体感」できる入門本

posted on 2018/11/21

ライフイズテックでエンジニアとして活躍する「カナさん」こと小林加奈子が10月、iPhoneアプリ開発のための入門本「たった2日でマスターできるiPhoneアプリ開発集中講座」を刊行した。2年前に刊行した初版本を改訂したもので、iPhoneアプリ開発ソフト「Xcode」の最新に対応している。

小林は、ライフイズテックに入社前の2014年11月からプログラミング言語「Swift」に関する勉強会を主宰。会は、エンジニアはもちろん、学生らも徐々に訪れ、30〜40人の大きな規模になった。そこで知り合った出版関係者から入門本の執筆を勧められ、2016年11月に初出版。2017年11月にも改訂本を出し、今回で3冊目となった。

「入門本なのに、最初からプログラミング言語や前提知識の解説が多くて難しい」との思いを抱いていた小林は、初めて執筆した際、「勉強する感じではなくて、手を動かしてどんどんアプリ開発してみよう」というコンセプトを頭に描いた。原稿段階で、それをテキスト本にした体験会も開き、修正を重ね、完成にこぎつけた。


公式サポートサイトでは、試し読みも可能

「本を読みながら、読者が成功体験を積み上げてアプリ開発を体感してもらい、『簡単に作れるじゃん!』と思ってくれたら嬉しい」と話す。

取材しながら、次々と出てくる横文字に、自然と眉間にシワがよってしまったが、この本を活用して、アプリ開発にチャレンジしてみようか!

▶︎最新本の詳細はこちら

 

ライター:宮本俊一
プロフィール:1981年、群馬県生まれ。2006年、読売新聞東京本社入社。記者職を中心に歩む。子どもの未来に繋がる仕事がしたいと2018年11月、Life is Tech! に転職。仕事の傍ら2013年からエッセーを書き、「第18回約束(プロミス)エッセー大賞」(産経新聞社主催)などで入賞し、エッセイストとしても活動。「誰にでも分かりやすく」をモットーに、旬な話題を随時アップします!