Life is Tech ! メニュー

プレスリリース


報道関係者各位

2015年2月23日
ライフイズテック株式会社

中学校・高校の情報科教諭専用 授業支援プログラム
「TECH for TEACHERS」提供開始~日本中に“最先端IT情報”の授業を~
プログラミングを学べる最新のIT教材が無料で利用可能

中高生向けのプログラミングキャンプやスクール事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野 雄介)は、全国の中学校、高校の先生を対象に、「プログラミングを学べる最先端のIT教材」を簡単に授業に取り入れることができる情報科専用の授業支援プログラム「TECH for TEACHERS」の提供を2015年3月14日より開始します。なお、事前登録の受け付けを本日より特設サイトを通じて行います。中学校、高校の先生は、本プログラムに登録するだけで、iPhoneアプリ開発コースとWEBデザインコースのすべてのカリキュラム(全60講座)を無料でお使いいただけます。さらに、本プログラムの映像教材は、リクルートマーケティングパートナーズ株式会社と協業し、同社が運営するオンライン予備校「受験サプリ」のコンテンツとして無料で提供され、情報科を受け持つ先生だけでなく広くIT教材に興味のある方にお使いいただけます。

TECH for TEACHERS

本プログラムは、5分ほどの映像を中心に構成され、映像教材とオリジナル教科書による実習を交互に組み合わせることで、生徒個人のスピードに合わせて授業を進行することができます。映像で指示されたことを実際に手元で体験することで、ITに初めて触れる生徒でもしっかりと理解できる仕組みです。めまぐるしく進化するITの技術。先生にとっては、ITの最新トレンドを追いながら授業を行うのは容易ではありません。「TECH for TEACHERS」では、オンライン講座の形式でカリキュラム、映像教材を提供することで、初期導入も授業準備も簡単に、すべて無料で使える教材を用意し、「最先端のIT」授業をサポートします。プログラミング経験のない先生でも内容を理解して生徒を導ける補助資料や、IT教育の経験豊富なスタッフによる相談も無料で提供する予定です。
ライフイズテックは、「TECH for TEACHERS」の提供を通じて、中学生、高校生の「創造する力」「つくる技術」の習得を目指すと共に、地域格差、経済格差による教育格差の是正をミッションに本プロジェクトを進めてまいります。

「TECH for TEACHERS」概要

コース内容

iPhone アプリ開発コース/WEBデザインコース

パッケージ内容

  • 「iPhoneアプリ開発コース」30本の動画教材
  • 「WEBデザインコース」30本の動画教材
  • 各コース先生向け資料
  • 各コース生徒向け教科書

導入費用

無料
導入方法は、各学校の環境により異なります。

「TECH for TEACHERS」サイト

https://tech4teachers.jp/

「受験サプリ」(提供:リクルートマーケティングパートナーズ)については下記より詳細をご確認ください。https://jyukensapuri.jp/

Life is Tech !について

ライフイズテック株式会社

延べ9000人が参加した国内最大級の中学生・高校生を対象としたITキャンプ/スクールを実施。春休みや夏休みを利用した短期集中型の「キャンプ」、毎週通学して学ぶ「スクール」、インターネットを通して学ぶ「オンライン」の3つのプログラムを運営。中学生・高校生の「創造する力」と「つくる技術」の習得を目指す。参加者の約8割がパソコンやスマートフォンをほとんど触ったことがない初心者で、ITを楽しむ仕掛けを多数用意している。

公式ウェブサイトhttps://life-is-tech.com

会社概要

社名 ライフイズテック株式会社
所在地 〒106-0047 東京都港区南麻布2-12-3
代表者 代表取締役 水野 雄介
事業内容 プログラミング・IT教育プログラム
「Life is Tech!(ライフイズテック)」の企画・運営
ワークショップ・エンターテイメントの企画・運営事業
URL https://life-is-tech.com

● Life is Tech ! およびライフイズテックの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるライフイズテック株式会社の登録商標または商標です。
● プレスリリースに掲載されている内容、価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ
取材の申し込みはこちら

プレスリリース一覧へ