伊東 敏

Sansan株式会社
人事部
採用企画チーム
チームリーダー/R&D戦略室

Life is Tech ! やLeadersプログラムの印象

Life is Tech ! のメンターを実際に面談したことがありますが、全体的に印象のいい方たちですね。
自分の時間を中高生向けのIT教育の場でメンターすることに使っているのは好印象ですし、教えなければいけない立場なのでコミュニケーションがしっかりしているなという印象です。
また、中高生に教えるために自分が成長しなければならないという考えを持ちつつ、必ず自分以外のことにも意識を向けられる人がメンターになっているという印象があります。

企業から見たLeadersの魅力

チームビルディング研修やファシリテーション研修など、チームを引っ張っていくという研修内容は、社会に出てもとても役立つと思います。
どんな仕事でも一人で完結するような仕事はほとんどありません。いろんな役割がある中で、Leaders研修やメンターの経験があると、教える側の気持ちも教わる側の気持ちもわかるので、すごく価値があると思います。

企業が求める人物像とは

新卒から社会人になってどういう人が成長するかというと、「振り返り力」が大きい人だと思います。
成功しても失敗しても、そこから振り返れるものがないかと引き出そうとする意思や思考力と、引き出した後にそれを改善しようとする実行力が重要だと思っています。
Leaders研修でもいろんな振り返りがあると思いますが、その振り返りをきちんと細かくできるかどうかで差が出ると思います。

リーダーズプログラムに興味がある人へメッセージ

いろんな選択肢がある中で、なぜLeadersに参加することを選んだのかと聞かれた時に、きちんと応えられるようにちゃんと考えられていることが大事だと思います。
その意思決定を自分のものにできているかというところをすごく大事にして欲しいなと思います。
Leadersへのエントリーを意味のあることにするためには、自分が成長して人に貢献し、成果をあげることが重要だと思います。Leadersプログラムに入ることを目的とせず、そこで何を為したいのかを考えられると、参加する価値がぐっと上がると思います。
そういう気持ちを持って臨んでもらえたらなと思います。