梶田 悠

株式会社ZOZOテクノロジーズ
経営管理部
人事・採用

Life is Tech ! やLeadersプログラムの印象

コミュニケーション能力を活かして活動している印象があります。
一般的にエンジニアさんはあまりコミュニケーションが得意ではないというイメージを持たれているかもしれませんが、メンターの皆さんはコミュニケーション能力に長けていて目的意識がはっきりしている方が多いと思います。
面接で実際にお会いする機会がありますが、しっかりプレゼンテーションして自分の気持ちを伝えられる方が多いです。
中高生に教える立場なので、ITスキルもきちんと備わっているというイメージです。

企業から見たLeadersの魅力

Life is Tech ! 代表の水野さんや副代表の小森さんとは、創業前からの知り合いなので、どんなことやっているのか、何のためにやるのかも把握していました。 Life is Tech ! キャンプの参加者や保護者からのお手紙を拝読し、本当に中高生の人生が変わるという実績を共有していたので、Leadersだけではなくキャンプ自体にも価値があるのだと思っています。 IT教育という分野で、ここまで真剣に取り組んでいる会社はほとんどないですし、一番のパイオニアであると思います。 教育を変革したいと熱量を持って開拓している会社に、大学生のうちから携わることができる貴重な機会ですので、Leadersはすごくいいなって思っています。 私もメンターやりたいくらいです(笑)。

企業が求める人物像とは

実際にモノやサービスを作った経験があることは、エンジニア採用における基準のひとつです。日頃からアウトプットしているような方は魅力的だと感じます。 また、弊社の場合は服を扱っているのでファッションに興味があることも大事ですね。 メンターの経験に当てはめると、初めて会う人と円滑にコミュニケーションがとれるのは大きなアドバンテージになると思います。 同世代とコミュニケーションをとれる学生はたくさんいますが、ちょっと歳の離れている人たちとのコミュニケーションが求められるメンターさん達のような経験をしている学生は少ないと思います。 社会に出てからも世代が違う人とのコミュニケーションは必ず生まれるので、必要とされる経験だと思います。

リーダーズプログラムに興味がある人へメッセージ

何を迷うことがあるのだろうと思います。 飛び込んで挑戦してみることが絶対に自分のためになると思います。 狭き門だと思いますが、選考を通過したことが自信になり、求められているものを考えることに充実感が得られるはずです。