清水 俊博

株式会社ドワンゴ
サービス開発本部
副本部長(採用・R&D 担当)
教育事業本部 コンテンツ開発部 副部長

姫野 滉盛

株式会社ドワンゴ
サービス開発本部
生放送サービス開発部
フロントシステムセクション
第二グループ
姫野 滉盛
( 大学時代にLife is Tech ! メンターとして活動)

Life is Tech ! メンターの印象

清水さん(以下敬称略):皆さん和気あいあいとしていて、パワフルでポジティブで明るい印象があります。 もしかしたら、エンジニア全体のイメージとして、ちょっとオタクだったり暗い人が多いという印象が世間的にはあるかもしれません。
そういう中で、 Life is Tech ! のメンターさんはもちろん、 Life is Tech ! のITキャンプに来てる中高生も含めて、すごくポジティブで明るいなと思います。
お揃いのカラフルなTシャツを着て、音楽を流しながら開発をするという感覚が全くなかったので、ある意味衝撃でした。
社交的で明るい人たちが、情報系のことをやるような時代になってきたんだなという、時代の変化を感じました。

企業から見たLeadersの魅力

清水: Life is Tech ! さんが教えていることのひとつに、「リリースできるものをつくっていく」ことがあると思います。
姫野もそうですが、メンターを見ていると、ちゃんとサービスプロダクトを作って、ユーザーからのフィードバックを受けながら改良していくことへの意識が高い。それがすごくいいなと思います。
リリースをするということは、自分以外の人に使ってもらうことを意識しなければいけないので、そういう体験を大学生のうちからしている人は広い視野を持っているはずです。
また、 Life is Tech ! での経験は、お金を出して買えるものでもなく、大学の授業でも教わらないものなので、とても貴重だと思います。

姫野さん(以下敬称略):やってみたら面白かった、正解だったという経験がメンターをする中でたくさんあって、自分だけでは進めなかった道が拓けました
また、年上にはこの人に頼りたいと思える人がいて、年下にもすごい人がたくさんいて、教え方も頼り方も、仕事に必要なことは全部学べたのがとてもよかったです。

企業が求める人物像とは

清水:就職した後もエンジニアとして成長していってほしいので、日々ちゃんとアウトプットを出すなど、勉強する習慣がある人がいいですね。また、サービスプロダクトを作るところにきちんと注力できている学生さんも、魅力的ですね。

姫野:僕は今ニコニコの生放送を作っていますが、ドワンゴに就職するという選択肢が最初からあったわけではありませんでした。
ずっとニコニコは見ていましたが、大学入学時の専攻は物理で、IT系の話もわからなかったし、コードも書けませんでした。それが Life is Tech ! でメンターを通してWeb系をメインにゲームやiOSの開発を始め、今に至ります。
色々なものに触れて経験を積んでいくと、予想していなかった未来が拓けていくと思います。

リーダーズプログラムに興味がある人へメッセージ

姫野:「目の前のことをひたすらやる」ということを経験すると、視野が広くなっていくので何も考えずひたすらやって欲しいと思います。
僕も天才肌ではないので、努力した結果が形として現れるという感じでした。
Life is Tech ! のITキャンプで、中高生たちが5日間でちゃんと成果物を出すためのメンタリングはめちゃくちゃパワフルなこと。がむしゃらにやって欲しいです。

清水:絶対プラスになると思うので、参加してみるといいと思います。
リアルのコミュニティに入れて、知り合いができて、自分の世界が広がっていくというのはすごくいいことだと思います。
コミュニティに入るとお互いに高め合う気持ちになるので、皆さんにとってすごくプラスに作用すると思います。
情報系にいる人、プログラミングに興味があるけれど周りに仲間がいないという人はぜひ参加して欲しいです。