保護者の声 VOICE

Life is Tech ! にご子息ご息女が参加されたことへの率直なご感想、お子様の変化をお聞きしました。

中学2年生 Sくん お母様より

まず、初日に、Life is Tech!のロゴ入りのポロシャツをいただけて、何だか、それだけで嬉しかったようです。そして、ちょっとアメリカ的な、オープンな教室の雰囲気も、また、楽しくてリラックスできたようで、お陰様で息子は、「もう、楽しくて仕方ない!」と、毎日、ウキウキ、ワクワク、通っておりました。また、パソコンが大好きなもの同士、参加した皆さんとは出会ってすぐに仲良くなれたようです。互いのアプリやアニメーションを褒めあったり、一緒に盛り上げたりして、皆さんと楽しい時間を一緒に過ごし、とても良い仲間になれました。さらに、息子にとっては、大学のキャンパスへ通うことも、とてもワクワクする体験でした。参加者の皆さんと大学の研究室へ訪問したり、学食でランチをいただいた事も、何もかも全て、楽しい思い出となりました。

高校2年生 Sくん お母様より

参加しての感想ということでは、まずアプリが作れるようになるということに本当に驚きました。自分で作ったアプリをうっとり眺めながら工夫した点、難しかったところなどを熱く語る姿には頼もしささえ感じました。また、大学生の方々や同じことに興味を持つ同年代の友人と新たに知り会えてよかった、と本人が言っております。本当に素晴らしい出会いだと思います。

高校1年生 Yくん お母様より

発表会で見た作品は、どれも個性的でそれぞれの思いが詰まった素晴らしいものでした。短期間でこのようなアプリケーションを作れるようになるのかと感心しました。それと同時に、発表している子供たちが照れながらも堂々と誇らしげに見えたのが印象的でした。息子は、自分なりに理解して作成に取り組み、作品が完成したことをとても喜んでいました。キャンプに参加してから、無口だったのが自分からいろいろ話してくれるようになり、他の物事にも意欲的になったような気がします。このことが自信になって、次に何か挑戦する時の勇気になると思いました。

中学1年生 Kさん お母様より

期待以上でした!「何かを作る喜び」を味わえたことは、アプリ開発に限らず、今後いろいろな場面で娘の力になるものと思います。3日間のキャンプが終わった後も、しばらく余韻に浸るようにキャンプの話をしていました。他校の生徒さんや、大学生のお兄さんたちと触れ合えたことも新鮮で楽しかったようです。もっと通いたかった、3日間では物足りなかった…というのが率直な感想のようでした。普段は人見知りで、知らない仲間の中にひとりで飛び込むのは苦手な娘ですので、こうした反応はよい意味で予想外でした。

中学1年生 Kさん お母様より

息子は、合宿から帰ってきてから、「Life is Tech ! 」のスタッフとして中高生にプログラミングを教えるスタッフになりたいと言っております。スタッフの皆さんの姿が息子にとっては輝いて見えたんですね。母親として、子供が夢や希望を持ち、それに向けて歩もうとしている姿を見ることは、この上ない幸せを感じます。私は現在、働きながら大学院で経営学を学んでおります。親が居ない子供・もしくは、ひとり親家庭の子供を支援する社会貢献ビジネスを立ち上げたいと思っております。水野さんの尊いお働きは、私にとってもとても励ましになります。息子はひとり親家庭に育っておりますが、たくさんの方から支え育てられた思いに感謝し、次は支える側として夢や希望を誰かと一緒に歩む人間になって欲しいと心から思っております。これからも息子がお世話になりますが、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

中学1年生 Iくん お母様より

反抗期の子どもにとって、年齢の近い大学生の皆さまに教えてもらうことは、親や教師が教えるよりも素直に受け取れるようです。中高生が参加できるプログラムは他に余りなく、このようなキャンプで集団でまた学校以外での交流が出来る事はとても有意義だと思います。ありがとうございました。

中学2年生 Sさん お母様より

なんとなく楽しいプログラミングが、最近では将来は工学部へ・・・という夢へとつながってきました。将来を具体的に考えやすい環境がLITにはあり、先輩であり、お手本であるメンターがいるのも刺激になっていると思います。プログラミングを通じて、他のことも吸収していると感じます。より刺激的な内容、イベントを通じて、子供がもっと未来へ希望を持ち今を頑張れるような場所であってほしいと思います。いつもありがとうございます。

高校1年生 Tくん お父様より

中学2年の6月に学校でパンフレットをもらい、説明を受けてその夏のゲームプログラミングでお世話になりました。その後、春夏で計5回、通いで高輪に一期、そして今回の修善寺に参加いたしました。高2からは受験態勢に入るため、たぶん今回が最後の参加となります。本人もクリスマスキャンプを区切りとして、受験に入ると意気込んで参加してきました。おそらくは本人にとって、中高を通して、LITに参加できたことが最高の思い出になると思いますし、人生の目的のようなものをはっきりと見据えることができたと思います。経営者の方の思いが社員に方に、その思いがメンターさんに、そして、息子を含めた多くの若者に伝わったと思います。相当の難関のようですが、自分の息子も大学生になったら、LITのメンターになることができたら最高だと思います。本当にありがとうございました。